安全な水道水ミネラルウォーターは良い?気をつけるミネラルウォーター軟水と硬水

水道水が飲める国


日本では、水道水を飲もうと思えばどこの地域でも飲める国となっております。
地域によっては飲まない方がいいという地域もありますが、ただ飲めないというわけではありませんし病気になるということもそんなにありません。
日本に住んでいるとそれが当たり前になっておりますが、世界規模で見ると水道水が飲める国と飲めない国というものがあります。
しかも知らない方が多いかとおもいますが飲める国の方が圧倒的に少ないという事実を覚えておきましょう。

では、飲める国はどこなのかというと比較的有名な国でしたらドイツ、オーストリア、アラブ首長国連邦、ニュージーランド、南アフリカといったような国になります。
もちろんこれ以外の国もありますが日本を含めても約15カ国程度となっており、それ以外の国では水道水は飲めない国となっております。
もちろん浄水したり沸騰させたりして飲めるとなるとほかにも沢山の国で飲まれているとおもいます。

ではどうして飲めないのかという所が気になるとおもいますがこれはどれだけ綺麗にしているかという観点での考え方になります。
水というのはリサイクルされているものになり限りがあります。
どういう水でも綺麗にして水道から戻ってくるというものになりますが、このきれいにするという行為がどれだけ綺麗にしているかという所の違いとなります。

海外で飲めないとされている地域であっても日本の浄水の基準を設ければ飲めるようになるということになります。
浄水のレベルがさがってしまうと極端にいうと汚水を飲んでいるということになりますので、やっぱりその点に関しましては病気になったりする可能性があるということで
飲めないといわれております。

日本で当たり前のように飲まれている水道水ですが海外旅行などに言った際は飲めない地域もありますのでそういったところ注意しなければいけません。
また飲めないところは水をどうやって飲めばいいのかというとミネラルウォーターなどで飲んでいる方が多いでしょう。
また、家庭用ウォーターサーバーなどを使っている家庭もあります。