安全な水道水ミネラルウォーターは良い?気をつけるミネラルウォーター軟水と硬水

水道水よりミネラルウォーターのほうが良いの?


ミネラルウォーターと水道水はどちらがいいのか、またはどう違うのかという疑問を持っている方は沢山いらっしゃいます。
今では当たり前のようにミネラルウォーターの方がいいといわれておりますが、本当にそうなのかを把握しておきましょう。

そもそも水道水にもミネラルウォーターにも基準があります。
水道水は厚生労働省、そしてミネラルウォーターは農林水産省の管轄となりますので全く別物と考えていいでしょう。
日本の水道水というのはいろいろな場所の水をろ過や浄水したものとなります。
人口的に綺麗にした水となっておりもちろんこのどれだけ綺麗にするのかというのは法律できまっております。
そういった厚生労働省の基準値をクリアしている水が水道水となっております。
しかし近年、環境汚染の影響で水道水の中に有害物質が混入している可能性があるそうです。

ではミネラルウォーターというのは何かというと、簡単に言えば湧き水といわれるものになります。
人工的に綺麗にしたものではなく自然で綺麗にされている水となります。
もちろん飲めるものかどうかの検査をしているので心配はありません。

どうしてミネラルウォーターかというと、ミネラルを豊富に含んでいるためにつけられた名前となります。
ただ、特に健康にいいのかというと基本的にどっちもあまり変わりはありません。
ミネラルウォーターに関しましては非常に多くの種類があり、汲む場所によって多少の成分の違いもありますし、国内や国外で硬度などもかわってきております。

ここまで見てなんとなく分かったとおもいますが基本的に水としてはほとんど変わらないものとなっております。
ただ、水道水に関しましては多少の臭いなどがありますので、そういう点で少し苦手という方がいらっしゃいます。
そういう方はミネラルウォーターを飲んだほうがいいですが、水の味とかにおいとかがわからないという方は特別ミネラルウォーターを飲んだほうがいいというものではない
ということを覚えておくといいでしょう。
海外のように水道水が飲めない地域でしたらミネラルウォーターをオススメしますが日本でミネラルウォーターをわざわざのむ必要もないということを覚えておきましょう。
ミネラルウォーターサーバーと浄水器の違いこちらの記事も大変興味深いです。